雨の日と日焼け

紫外線は肌に与える影響が大きくシミやシワの原因となると言われています。天気がよい日に日焼けをすることで紫外線を浴び、肌にダメージを負っていることを実感します。しかし雨や曇りの日でも散乱光として日焼けをしていることを知っている人は多くありません。
雨や曇りの日は晴れてる日とは異なり日焼けをしないため紫外線を浴びてないと思われがちです。しかし散乱光で日に焼け肌にダメージを負っていることはかわりがありません。したがって晴れていない日でも紫外線対策をする必要があり、女性の場合は長袖をきるといった工夫をする必要があります。そうすることでより紫外線を肌に浴びる量を減らすことができいつまでも美しい肌を保つことができるます。花07
したがって日傘などを使用する女性も多く、どのような天気でも日に焼けない努力をすることが理想です。
また成長期の子供の場合は日光を浴びることで骨の成長を促すため適度な外出は必要となります。大切なことは健康を守るために適度に日光を浴びることです。
また大人の女性の場合は肌にダメージを与えすぎない程度に日光を浴びるといった量を調整することが大切です。そうすることで誰もが健康を保ちながら日々生活することができます。

Comments are closed.