Archive for the ‘未分類’ Category

室内と紫外線と日焼けの関係

室内にいるときは、日焼けに対して無防備になっている人が殆どだと思います。
実際部屋の中にいる時は、暑さや日差しを感じることも少なく、日当たりの良い部屋は
家を建てるときや、借りる時に望ましい条件として挙げられたりもします。
しかし、室内にいるときでも、外で過ごしている時と同じように、紫外線を受けているのです。
もちろん、室内で紫外線を受けているという事は、日焼けをしています。
日焼けを気にされている人は、紫外線を防止や拡散させる為に、UV効果のある
カーテンなどを使用するか、UVフィルムを窓ガラスに張ると良いです。
カーテンもお手軽でよいのですが、やはり窓からの景色を楽しみたいときや、高層のマンションなどで、人目が気にならない場所では、カーテンも開けはなって生活したいものです。花08
適度な日光を浴びる事は、丈夫な骨作りには欠かせませんから、外ではしっかりと運動をしながら
日光を浴びて、充分な日光を浴びたあとは自宅で日焼けを気にする事無くリラックスしたいものです。
最近では、お手軽な価格で自分で貼る事の出来るUVフィルムも販売されていますので、
まずは、小さな窓から試してみると良いです。
車の窓などにも使用されていますので、効果は立証済みの安心のアイテムです。

雨の日と日焼け

紫外線は肌に与える影響が大きくシミやシワの原因となると言われています。天気がよい日に日焼けをすることで紫外線を浴び、肌にダメージを負っていることを実感します。しかし雨や曇りの日でも散乱光として日焼けをしていることを知っている人は多くありません。
雨や曇りの日は晴れてる日とは異なり日焼けをしないため紫外線を浴びてないと思われがちです。しかし散乱光で日に焼け肌にダメージを負っていることはかわりがありません。したがって晴れていない日でも紫外線対策をする必要があり、女性の場合は長袖をきるといった工夫をする必要があります。そうすることでより紫外線を肌に浴びる量を減らすことができいつまでも美しい肌を保つことができるます。花07
したがって日傘などを使用する女性も多く、どのような天気でも日に焼けない努力をすることが理想です。
また成長期の子供の場合は日光を浴びることで骨の成長を促すため適度な外出は必要となります。大切なことは健康を守るために適度に日光を浴びることです。
また大人の女性の場合は肌にダメージを与えすぎない程度に日光を浴びるといった量を調整することが大切です。そうすることで誰もが健康を保ちながら日々生活することができます。

日差しと紫外線の関係について

紫外線はお肌の大敵とされ、女性は夏はもちろん、一年中日焼けクリームを塗ることが推奨されています。紫外線が強い6月からは、日傘や帽子でブロックする女性たちの姿が多くみられます。、最低限しか屋外に出ることなく、日光浴をするどころか日差しを浴びることさえ嫌う人も珍しくありません。

日差しに当たることは、すなわち紫外線を浴びることになり、シミやシワの原因になるとして、女性の大敵になっています。でも、日差しを浴びることで、健康維持に不可欠なビタミンDを作る働きをしてくれます。また、細菌を殺したり免疫力を高めてくれます。花06

女性にとって日光浴は、目に見えない不可視光線の紫外線や赤外線によるダメージばかりが取りざたされ敬遠されがちですが、健康のために重要な役目を果たす点を見直すことも大事です。過度な日光浴は、シミをつくり日焼けもしますし、皮膚がんにもなりかねませんが、適度にすることは健康維持にも必要です。

女性に多い骨粗鬆から身を守るためにも、カルシュウムを摂り、日光浴をしてビタミンDを作ることが大切です。日焼け止めを塗って帽子を被り、太陽の光を浴びながらウオーキングして、健康と美容に努めてみてはいかがですか。

 

日傘の弱点について

多くの方がUVケアをして肌を守る対策をしています。対策方法は、日焼け止めクリーム、サングラスや帽子をかぶるなどです。昔は雨が降っている時のみ傘をさしていましたが、今は美意識が高く、紫外線を防ぐために日傘をさして歩いている方をよく見かけるようになりました。しかし、それだけでは完全に紫外線から守るのは難しいです。頭上からの紫外線を防ぐのは可能ですが、地面のアスファルトから反射した紫外線は防げません。また、建物の壁からも反射しているので注意が必要です。色は濃い色で分厚い生地のものを選ぶと良いです。うすい色だったり生地が薄いと紫外線を通してしまう可能性があるからです。熱を帯びやすく傘の中も温まる化学繊維でできた物は蒸れやすいので、自然素材のものを選ぶと良いです。花05日傘は、上からの紫外線のみしかカットすることは出来ないのが弱点です。完全に全ての紫外線をカットしたい時は、日傘のみを使用するのではなく、日焼け止めクリームをしっかり塗り、サングラスもかけて反射した紫外線にも対処すると弱点にも対応できます。おしゃれな日焼け防止の傘はたくさんお店で販売しています。紫外線が強くなり、それと同時に美意識も高くなってきているので、今まで以上に街で日焼け防止の傘をさす方が増えてくるといえます。

骨と日光浴の関係

最近はオゾン層の破壊が原因で、紫外線に当たってはいけないという流れになってきています。
シミが気になる女性はもちろん、子供の体を心配して、お外遊びもロクにさせず、外へ出る時は日焼け止めクリームをしっかり塗ってからと徹底的に管理しているお母さんもいます。
もちろん昔と今は時代が違い、紫外線の影響も怖いものになってます。ただ全く日光に浴びない生活も問題なのです。
実は紫外線を避けすぎると、ビタミンDが欠乏し、病気になるリスクが高くなってしまうのです。
実はビタミンDは、必要摂取量の80-90%が日光浴により体内で生成されるもので、食事で摂取しようとしても難しいものなのです。
欠乏症になると、乳幼児や小児ではくる病が、成人では骨軟化症が現れます。
くる病を放置しておくと、体重の負荷によってO脚やX脚へと変形して、歩行障害が現れる場合もあるので注意が必要です。
こういった事から過剰に紫外線を嫌うと、骨に様々な障害を与える事になり、子供の場合は今後の成長にも関わってきます。
そのためにも適度な日光浴が必要です。花04
日焼け止めを塗ると効果が薄れるので、何も塗らずに日光浴を行います。
時間は3分で十分です。程よく気持ち良さを感じるぐらいにお日様の光を浴びる事で、体に必要なビタミンDが生成されます。

正しい日焼け止めの塗り方について

日焼け止めは、正しく塗ることによってシミやシワにならないように紫外線をブロックしてくれるものです。間違った塗り方では効果が薄れるので気をつけます。正しい塗り方は、塗り忘れがないように均一な塗ることです。一箇所に多くつけ、それをのばすのではムラが出来てしまうので、顔の左右のほお、額と鼻とあごの5箇所に少量を置きそれを指全体でのばして肌全体に均一に塗るようにします。さらに先程と同じ量を取り重ねてぬります。汗などで流れ落ちると効果が薄れてしまうので、一日のうちで2、3時間おきに塗り直します。忙しく塗り直しが出来ない時は、日焼け止め効果のあるファンデーションなどで整えます。SPFの効果が高いからと朝ぬって夕方まで塗り直さないのは良くありません。こまめに塗り直して油断しないことが大切です。毎日の事なのでささっと済ませたいですが、塗り忘れにも気をつけます。耳の後ろや髪の生え際は忘れがちです。花03夏など髪を結ぶと丸見えになる耳の付近は日焼けしやすいので忘れないようにします。正しい日焼け止めの使用で紫外線から肌を守れたら、丁寧にクレンジングをし、スキンケアで肌に水分をたっぷりとり肌を休ませてあげると良いです。

PAの選び方とは

紫外線を浴びるとシミが出来るという、イメージを持っている方は多いでしょう。
確かに紫外線を浴び続けると、大量にメラニン色素が生成され、それが沈着する事でシミの原因となります。

しかし、紫外線はシミだけでなくシワや、たるみを作る原因にもなってしまうのです。
地球上に降り注ぐ紫外線には、2つの種類があります。

このうち、シミを作る紫外線はUVBと言われる、紫外線B波です。
紫外線B波は全紫外線の5%ほどを占めており、肌の表面で吸収されるのが特徴です。
この紫外線B波を浴びてしまうと、皮膚の表面が赤く軽い火傷を負った状態になったり、メラニン色素が沈着しシミの原因となります。

一方、シワやたるみを作る紫外線は UV-Aと言う、紫外線A波です。花02
紫外線A波は紫外線全体の95%を占めており、照射量の多さが特徴です。

紫外線A波は肌の奥深くにある、真皮層にまでダメージを与える事で知られています。
真皮層には肌のハリや弾力を作り出す、コラーゲンがあり、このコラーゲンが紫外線A波によりダメージを受ける事で、肌は弾力を失い、やがてシワやたるみとなって肌表面に現れてくるのです。

紫外線A波から肌を守るには、日焼け止めを使う事が大切です。
紫外線A波はPAという数値が高ければ、高い程効果の高さを表します。

日常生活レベルの紫外線A波を防ぐなら、 PA++から+++ほどを、海など外へのレジャーに出かけるなら、国内最高レベルの、 PA++++の日焼け止めを使いましょう。

SPFの選び方とは

光老化という言葉を、聞いた事のある方も多いのではないでしょうか。

地球上に毎日降り注いでいる紫外線は、浴びると老化を引き起こす原因になると言われています。
紫外線による老化の症状には、コラーゲンがダメージを負いシワやたるみが出来る、またメラニン色素が肌に沈着する事で、シミの原因となります。

このように、紫外線な年齢を重ねるにつれ、悩む方が多くなる年齢肌を引き起こす、要因となってしまう為、毎日の紫外線対策が若々しい肌を、維持する為には必要と言えるでしょう。

日焼け止めを見てみると、2つの数値が表記されています。花01
1つはPA、もう1つはSPFです。

PAはUVAという紫外線A波から、肌を守れる数値の事を言います。
現在、国内ではPA++++が最高レベルの数値となっています。

一方、シミの原因となるのはUV-Bと言われる、紫外線B波です。
紫外線B波はSPFの数値が高ければ、高い程、肌をダメージから守る事が可能となっています。

SPF1の数値は紫外線から肌を、20分間守れる事を意味します。
ですので、数値が30の場合は20分×30で約10時間、紫外線B波から肌を守ってくれるのです。

このように数値により肌を守る時間が変わるので、用途に応じて日焼け止めを使い分ける事が大切です。

美白化粧品との違いについて

いま、色々な化粧品がありますが、その中でも美白化粧品というラインで販売されているものもあります。
これは、一般的な化粧品と違い、美白成分が含まれていますので、シミなどにとても効果があるといわれています。
メラニンがどんどん皮膚の上まであがってくることで、シミとなって表れるわけですが、このメラニンの働きを抑制することができる成分が入っているものが美白化粧品になります。

バラ03

 

化粧品には、ほかにも保湿をメインにしたものもありますし、そういったものですとしわやたるみに効果があるといわれています。
それぞれの肌の悩みに着目して、選んでいくことが大事です。
また、両方を兼ね備えたものもありますので、、エイジングもかねて使ってみると良いでしょう。
最終的には自分の肌に合うかどうかということになります。

 

 

また、その上ではお値段であったり、口コミ評価などを比較して決めてみると良いでしょう。
敏感肌の方ですと、どうしてもちょっとした刺激物が入っているだけで肌荒れをしてしまうこともあります。
美白成分の中には、肌が弱い方には合わない場合もありますので、まずはお試し品などで肌に合うかどうか試してみると良いでしょう。また、使い続ける事で美白効果が出てきます。