美白肌になる為の紫外線対策

紫外線はお肌に悪影響を与えるものになり肌の老化を進めます。紫外線を浴びると5秒後にはメラノサイトという細胞が黒色メラニンを放出するようになり、シミやそばかす・肝斑・くすみなどの原因になります。紫外線は、UVA波とUVB波の2種類があり、UVA波は肌の奥の真皮内に入り込んでコラーゲンやエラスチンを破壊します。コラーゲンやエラスチンはお肌のハリや弾力を与えている成分になり、これが破壊されるとたるみやシワの原因になってしまいます。肌がたるむので毛穴の開きの原因にもなります。日焼け黒化がおきてシミやそばかすなども引き起こります。肌を乾燥させて角質を肥厚させるので、透明感のないごわごわした肌になってしまいます。UVB波は、表皮内に影響を与えてメラノサイトを活性化させるのでシミの原因になります。バラ01UV対策をしないと光老化が進んでしまうので、ゴミ捨てや洗濯物を干す時などにもUVカット対策をする必要があります。日焼け止めクリームやスプレーをおこなってカットしたり、帽子や日傘なども使用するようにした方が良いです。ガラスを通すので室内にいてもUV対策を怠らないようにする必要があり、UVカットのカーテンなどもあります。